北海道オホーツク管内「佐呂間町」は、オホーツク管内のほぼ中央部に位置し、北は一帯がサロマ湖に面しています。サロマ湖が一望できる展望台から眺める景色は、春夏秋冬、荘厳で雄大な絶景をつくり出します。全国でも有数の日照時間が多い地域で、昼夜の気温差の激しい内陸型気候のため、農業に適した環境にあります。

また食べ物も美味しく、ホタテやカキ、北海シマエビなど新鮮な魚介類が取れるほか、農産物ではカボチャが有名で毎年9月にはそのカボチャにちなんで「シンデレラ夢まつり」が盛大に開かれます。JAサロマでもカボチャの加工品を製造、販売しておりHPから全国どなたでも購入することができます。

そんな森と湖と食の豊かな佐呂間町で、農業を体験してみませんか。将来農業を仕事にしたいと真剣に考えている方など、応募された方の目的に合わせ、受入農場や実習内容等を対応させて頂きます。

農業を通して農家や地域住民と交流を深め、農業の楽しさや大切さ、また佐呂間のおいしい特産物を味わいながら農村生活を過ごしてみませんか。佐呂間町での農業暮らしに興味を感じてお問い合わせ頂けたら幸いです。